高品質の車両が手に入る!得する中古トラック購入ノウハウ




中古トラックが欲しい!となったときに、自分の条件にピッタリ合った車両を購入するのは、かなり困難なことです。 なぜなら、多くの車両がそれぞれ異なる状態、価格で山のように販売されているからです。
お金が潤沢に出せるなら新車も含めていくらでも高品質な車両を購入することができます。 しかし中古車を探している多くの人はまずはある程度の予算を決めているのではないでしょうか。
限られた予算で少しでも高品質なトラックを買うためのポイントについてまとめました。

中古トラックを買うときのポイント

選ぶ基準を決める

中古トラックを購入しようとしたときに、まずは自分の重視する条件をしっかりと決めておくことが重要です。
条件をあやふやにしておくと、どれを基準にしていいかわからなくなるのでなかなか購入に踏み切れなくなり、 候補だった車両が他の人にどんどん買われて結局いいものは残っていなかったなどということにもなりかねません。
購入するための時間が多くあるならばそれでもかまわないと思いますが、基準を決めてすばやく購入することが大事です。

価格で選ぶ際の注意点

中古車両を買うときには価格はもっとも重要な要因のひとつでしょう。 トラックなどの商用車はほぼ全ての車両が商用として使用されるので、かかった費用に対してどれだけの何年使えてどれぐらいの利益があげられるかという費用対効果が求められるためです。
ここで注意しなければならないのは、各販売店の展示場で掲げられている価格は車両本体価格で諸経費は別のところが多いというところです。
諸経費は購入する人によって変わってくることもあるので、一律で出せないためと少しでも安く見せたいという販売店側の思惑もあるでしょう。
諸経費は大体、数万円から数十万円かかりますが、丁寧な販売店では大体いくらと記入されているところもあります。 不明な場合は店員に尋ねれば丁寧に教えてくれるはずです。

車両情報の落とし穴

少し前に商用車を購入する場合は販売店に直接行ったり、ディーラーに車両を探してもらったりしていましたが、今はまず第一にインターネットで検索する方がほとんどでしょう。
インターネットで、車両を探すのは自分の希望の条件を入力して比較したり、キーワードで探せるので便利で、スマホや携帯でも探せるので、思い立ったときにいつでも探せるメリットがあります。
また、ネットの活用に積極的なところでは情報を随時更新するので、入庫して最新の情報がスグにみれます。

インターネットで車両を探す際の注意点

便利なネット活用ですが、注意点もあります。 まず、どの販売業者も自社のホームページであっても最新の在庫情報をスグに更新しているとは限りません。
現在はネットに力を入れる販売業者も多いので以前よりは減りましたが、スタッフが少なかったりネットに対して積極的でないとすでに在庫切れになっている車両をずっと載せていたり、逆に最新の車両が掲載されていない場合もあります。
在庫が頻繁に更新されている、もしくは更新日が掲載されているようなところはネットに積極的な販売店といえるでしょう。

ホームページの中身で見分ける優良店

インターネットでお店を選ぶ際のポイントは、そのお店がどういう姿勢で販売しているか、またどのくらい情報をオープンにしているかが重要になります。 ホームページの見た目はキレイは、お金をかければホームページ業者がいくらでもキレイに作ってくれるので、実はあまり参考になりません。
在庫車両の更新や写真の撮影などは店舗でその都度やらないければならないので、店舗の姿勢が現れてきます。 また、購入後のトラブル対応や保証などホームページからすべてわかるような販売店は優秀だといえます。

各販売店の在庫を集めた仲介サイトの長所と短所

各販売店のホームページの他にも、カーセンサーなどの大手の仲介サイトにも中古トラック情報が多数掲載されています。
これらの仲介サイトでは販売店をまたいで多くの車両を一度に検索できたり、必ず価格が掲示されていたりするので便利な反面、大手の仲介サイトでは仲介手数料があったり、手数料分が上乗せされていていて価格が高めになることもあります。

実際の車両のチェックすべきポイント

年式や走行距離を重視しすぎない

年式や走行距離が短いと新しい車両で長持ちすると思いがちですが、商用車の場合は一概にそうともいえないところがあります。
走行距離や年式が多くとも、メンテナンスをしっかり行って、部品も適時交換している車は購入後も長持ちします。 年式や走行距離だけで判断せずに整備がしっかりしているかどうかをよくチェックしてみましょう。
自分で判断が難しい場合は販売店のスタッフに確認してみてください。 このとき良い販売店の場合は、その車両の良いところ、悪いところをもれなく教えてくれるはずです。 そういう意味でも優良の販売店を見つけることが良い車両を見つけることは等しいことといえます。

整備がしっかりされている車両を選ぶ

メンテナンスがしっかりされている車は、実際の年式や走行距離より長く走ることができます。 オークションやネットで即決でもしないかぎり、販売店のスタッフによく聞けばいいのですが、自分で選ぶ際に自信がない場合は整備記録のないクルマを避けることが重要です。
その車両がしっかりメンテナンスされているかどうかは、整備記録簿を調べればわかります。 整備記録簿があれば、メーター巻き戻しなどの不正もできないので問題があれば必ずわかります。 逆に不正が行われていた車両には整備記録簿がついていません。

修復歴は場合によっては掘り出し物がある

修復歴車とは?

自動車の車体の骨格に当たる部位を事故や災害などによって修正あるいは交換した車両のことであると定められています。 そして、販売店は修復歴の有無を必ず表示することになっています。

修復歴車のメリットとデメリット

修復歴車というとなんとなく耳障りの悪いイメージがありますが、逆に考えればそれだけ安く購入できるというメリットもあります。 修復がしっかりされていて、整備もよくされているならば安くて走行には問題のない掘り出し物の車両になります。

安すぎる車両に注意する

最後に気をつけるポイントとして、あまりにも安い車は疑ってかかることも必要です。
中古トラックは1台1台違うので相場を決めるのが難しいのですが、それでも年式や走行距離、形状などである程度の幅の価格帯があります。
それよりも大分安い場合は、販売店が決算その他ですぐに売り上げが欲しいのか、在庫が長く安くしても処分したいなどのなんらかの理由があるはずです。 それらの理由がなく安いだけの場合は、注意してください。
【スポンサード リンク】
最終更新日最終更新日: 2016/2/10
登録販売店数登録販売店数 : 1409 店

中古トラック関連コラム

新規登録店

  • 広島県 エムケートラック販売
    中古トラック・冷凍車の販売ならお任せください! 冷凍車の取り扱い多数!!実際に見ていただいて、納得いただくトラックをお売りします!...
  • --------------------------------------
    • 千葉県 ステアリンク
      中古トラックをお探しなら、是非ステアリンクをご覧ください!中古トラック販売・買取専門店のステアリンクは、万全整備で...
    • --------------------------------------
    • 滋賀県 西澤自動車工業株式会社
      ボルボトラックサービスディーラー 三菱ふそうトラック・バス株式会社 副代理店 各種トラック販売・買取...
    • -------------------------------------
    • 千葉県 株式会社永村自動車
      ☆当社は、トラック二次架装クレーン・ボディ等の載替え、仕上げを得意としています。 ☆自動車検査員が在席し、民間車検場として車検も得意と...