トラック選びは販売店選び?良い販売店の見つけ方




希望の中古トラックを探すのは大変

中古車は同じ車種でも年式や走行距離、使用頻度など車両の状態が1台1台異なるので同じクルマというのは存在しません。
ましてや、中古のトラックとなるとボディや架装物を付け替えすることも自由なので自分が思い描いている予算で希望の車はなかなか見つからないかもしれません。
条件に合う車両を探すためにいろいろな会社のホームページを自分でチェックしつづけるのはとても大変です。
そんなときには、車両の条件で探すよりも販売店を先に探すことで効率よく車を探すことができるかもしれません。

販売店で車両を探してもらえる?

自分と合った良い販売店が見つかれば、条件が明確になっていればそれに近い車両を探してくれます。 もちろん探す費用は通常は無料ですので、気軽に頼むことができます。
ただし、この方法はスグに車が欲しい場合には向きません。 見つけるのにどのぐらい時間がかかるかは販売店にもわからないからです。
もし、スグに車両が必要な場合は、妥協できる点を決めつつ、条件に近い車を購入するしかありません。

良い販売店を見つけるコツ

信頼できる知人の紹介

では、良い販売店はどのように見つけたらいいでしょうか。 一番確実なのは、信頼できる知人から紹介してもらうことです。
知人が良く知っている販売店なら、紹介者の顔をつぶすことにもなりますので下手な対応はできませんし、 なにかしらのサービスをしてもらえるかもしれません。
ただし、これは信頼できる人に限定した方がいいでしょう。 万一販売店となにかトラブルがあったりした場合、紹介者との仲も気まずくなってしまうこともあるかもしれません。

ホームページから自分で探す

紹介だと、そこから購入しないとなんだか悪いし。。気が引けるという方は自力で探した方がいいでしょう。 なるべく自分が住んでいる地元の近くの販売店から探し始めるのがいいでしょう。 近くの販売店なら、展示場に直接行ってコミュニケーションがとれるので車両に対する誤解なども生まれにくくなります。
良い店舗の見分け方は、電話の応対や、訪問したときの対応が基本です。 これらがキチンとしていることろは、会社としての姿勢がしっかりしているので、質のよくない車をだまして売りつけたり、疑問などにも丁寧に対応する場合が多いです。 トラックなどの特殊な車両の場合は、知識の豊富さも重要なポイントです。
いくら感じがよくとも、トラックのことが正しくわかっていないと金額の付け方や 値引きの仕方も理にかなっておらず不安しか残らないといったことになる可能性があります。 車両に限らず、商品の知識が豊富だと安心して買い物ができるのはどんなお店でも同じことです。

ディーラーと中古トラック専門店はどちらがお得?

メーカー系列の販売店と中古トラック専門店では、メーカーという後ろ盾から来る信頼感が一番おおきな違いです。
中古トラックの良し悪しについてあまり深い知識がないと、専門業者にだまされるのではないかという不安感がどうしてもつきまといます。
メーカー系列のディーラーでは、メーカーの看板がありますのでその店舗の対応が悪ければメーカーにクレームをつけるなど対応窓口がしっかりしているところが強みです。
その他の違いといえば、品揃えの差があります。ディーラー系では自社のトラックが中心になるためそのメーカーのトラックが多くなる傾向があります。
またディーラー系販売店では、その看板ゆえに良質車にこだわって仕入れをしますので、価格も高めになることは仕方がありません。 値段の安さを重視するならディーラーの展示場はおすすめできません。

大きい販売店と小さい販売店ではどちらがいい?

販売店を比較するときに、まずわかりやすいのは展示場の大きさです。 販売店もさまざまあり、数台の在庫者しか展示していない店舗から数百台といった多数の在庫車両をもつ展示場まであります。

大きな店舗の良いところ

展示場が大きいところのメリットはまず気軽に入りやすく、いろいろな在庫が見れることです。 小さいところだとすぐに販売員が近寄ってくるので自由に見れない、売りつけられるのではという不安があります。
また、数台しかないと自分の希望のものはないだろうという気になってしまいます。 しかし、小さい店舗といえども現在は販売店どうしが業者間でネットワークをもっていますので、そのネットワークが広いほど希望の車両をみつけることも容易になっています。
他社の在庫だと手数料がかかって高くなるのでは?と思うかもしれませんが、通常は業者間でのやりとりは一般での価格より安くなりますので損をすることはありません。

大きな店舗での問題点

大きな店舗で問題がるとすればスタッフが大勢いるということです。 スタッフが大勢いるということは、当然あたりはずれがあるということです。
優秀な営業マンがいる一方でまだトラックについて知識が乏しい新人も当然いるはずです。 社員教育がしっかりできていてサポート体制がよければいいのですが、経験不足だと売ることだけに一生懸命になってまう傾向があります。

どちらがいいかは相性次第

このように大型店、小型店どちらがいいということはなくそれぞれメリットとデメリットがありますので、一概にどちらがいいとはいえません。
自分が自由に現車を確認したいなら大型店を近所で通いやすい良い営業マンがいるなどの場合は小型店に足を運ぶのがいいでしょう。
【スポンサード リンク】
最終更新日最終更新日: 2016/2/10
登録販売店数登録販売店数 : 1409 店

中古トラック関連コラム

新規登録店

  • 広島県 エムケートラック販売
    中古トラック・冷凍車の販売ならお任せください! 冷凍車の取り扱い多数!!実際に見ていただいて、納得いただくトラックをお売りします!...
  • --------------------------------------
    • 千葉県 ステアリンク
      中古トラックをお探しなら、是非ステアリンクをご覧ください!中古トラック販売・買取専門店のステアリンクは、万全整備で...
    • --------------------------------------
    • 滋賀県 西澤自動車工業株式会社
      ボルボトラックサービスディーラー 三菱ふそうトラック・バス株式会社 副代理店 各種トラック販売・買取...
    • -------------------------------------
    • 千葉県 株式会社永村自動車
      ☆当社は、トラック二次架装クレーン・ボディ等の載替え、仕上げを得意としています。 ☆自動車検査員が在席し、民間車検場として車検も得意と...